無料メール講座

LINEの活用で夫婦円満!スマホでつながりリアルで仲良くなる具体策!

LINEの活用で夫婦円満!スマホでつながりリアルで仲良くなる具体策!

2012年8月29日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
LINEで送る

 

こんにちは。
「勝たせる」WEB戦略プランナー二見あかねです。


 

わたしたちの運営している
WEBの苦手な起業家のためのWEB戦略勉強会」でも、
今もっぱら話題のSNSといえば「LINE」。


 

日本のユーザー数は、驚異的なスピードで
2000万人を突破し、この先の展開に注目が集まっています!


 

みなさんも、もう始めていますか? 

 

中級のWEB勉強会では、今後どんな風に、ビジネス展開していくか、
世の中に先駆けて、アイデアをシェアしまくっているわけですが、
そもそも、LINEとは、FacebookやTwitter,アメブロとは違い
クローズドなコミュニケーションツール!

 

販促アドバイザーの塚越さんも「Adver Times」の中で
このようにLINEに注目されています。

http://www.advertimes.com/adobata/article/9401/hansokujp.com/socialmedia/biz-line/630.html/

http://www.advertimes.com/adobata/article/9401/hansokujp.com/socialmedia/biz-line/630.html/

 

 

「つながり方」という意味では、
ビジネスよりプライベートでのエンゲージメントを
高めるツールとして、親しまれているのでしょう。


 

例えば、我が家では、
夫婦のコミュニケーションツールから
【メール】が消え
外出時のやりとりは、すべて【LINE】に変わりました。


 

これにより、どんな変化が生まれたかというと、

 

 

いつでもニュートラルな関係へ♪

 


つまり、つまらないコトで怒ったり
不平不満を口に出したりすることがなくなり、
【常に平常心で相手を想いやれる】ようになったのです!

 

これはすごいです!
全人類がLINEでコミュニケーションをはじめたら
この世から戦争などなくなるのでは
ないかと思うほどですよ!!!

 



公式サイトのトップページ
http://line.naver.jp/ja/ 

 

 

では、なぜ、【LINE】のやりとりだけで
一気に夫婦円満になれたのか。
このような理由を分析しました。


 

◆やりとりがラク

ボタン一つで「スタンプ」(大きな絵文字)で
やり取りできるため、発信が めんどうではなくなります。

 

◆気持ちが伝わる

オーバーアクションなイラストのスタンプが多いためか
いちいち「想い」を誇張して伝えられます。


<例>
スタンプのイラストイメージ ⇒ 伝わり方イメージ
ありがとう ⇒ 「わぁ〜、うれしい!ありがとう!」
ごめん  ⇒ 「うぅ〜本当にゴメン(>_<)」

 


◆「既読」情報が見えて安心


 夫婦間でありがちなのが、言葉に出さなくても分かっているだろう
 という憶測から生じる行き違い。

 「メールをしたのに、相手から返事がない」
 「読んだかどうかわからない」などという理由で
 イライラした経験、ありませんか?

LINEなら、送ったチャットに既読情報が出るので、

 いつでも相手の状況がわかり、安心!
 常に相手を想いやっている状態です♪

 

 

こんな風に、私の実体験から
友人にもオススメしている、夫婦円満になれる
LINE活用の具体策を
ご紹介しましょう。

 

 

◆日中:今の自分の気持ちをスタンプで送信

(例)お腹がいっぱいで眠いけど
      午後もがんばろうね〜
   暑いから水分とってね〜 



 

 

◆ 夕方:ねぎらいの言葉をスタンプで送信

 (例)お疲れさま
ご飯作ってまってるよ
    あ、卵買い忘れた〜!(補足は音声メッセージで)



 

 

◆長文を送りたいけれど、文字を打つのが面倒な時:
音声メッセージをスピード送信!





このように、カンタンに録音できるボタンがあり、
スマホに向かって「ひとしゃべり」 ⇒ 即送信が可能。
この、スピード感は、新鮮ですね〜!
通常の電話のように、留守電サービスセンターに
メッセージ保存したり、
聞きにいったりという
手間が省けます!


 

 

こんなふうに、LINEでやりとりをすれば
夫婦間の「ミスコミュニケーション」は無くなる可能性大。

スマホでつながり、リアルで仲が深まります!!!





この2ステップ!
「イベント」でも大事ですよね! 


 

SNSで事前に濃くつながったうえで

リアルイベントで会うことができたら

 当日、エンゲージメントが高まること間違いなし。

 

是非、ビジネスの場でも、
自分と深くつながっている相手とのやりとりには
LINEを活用されてみては、いかがでしょうか?

 

 

セミナー集客メールレッスン
メールアドレス
お名前(姓)