無料メール講座

■「Social Good小事典』 著者:グローバルキュレーター市川裕康氏

■「Social Good小事典』 著者:グローバルキュレーター市川裕康氏

2012年10月17日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
LINEで送る



◆書籍 備望録 9/13 2012
****************************************************************
「Social Good小事典』 著者:グローバルキュレーター市川裕康氏
****************************************************************

▼英国のアクティビズム好事例
2011年8/11-31、Facebookで「Operation Cup of Tea」
「暴動に参加しないで、自宅でお茶を飲んで写真を投稿しよう!」
との呼びかけから33万人が参加。


まさに、共感が共感をよび、
なんと参加者が、33万人ですよ!
これぞ、ソーシャルの力!
紅茶の国、イギリスらしい Facebook上のムーブメントですね1

 

▼最も影響力あるとされる情報発信源(2012年末クラウト社)
1位 マッシャブル ➡ミートアップが多いのも特徴
2位 CNN ブレーキングニュース
3位 ニューヨークタイムズ

※マッシャブルの原型は、創始者のピート・カシュモアが
1994年19歳の時、家で始めたブログ。
月に3000ドルの広告費がつく。

マッシャブルは、わたしもチェックしてます!
せめて、今日のトピックスだけは、
目を通しておきたいです。

 

▼Storify、 Scoop it
⇒ネイバーまとめのような、「まとめ」系サービス。
⇒誰もが編集者の時代

「キュレーション」に求められる3つのS

Seek 情報を探し求めること
Sense 意味を与えること
Share 共有すること

ポイントは2番目ですね。
ただ、シェアするのではなく、
読み手に価値をあたえられるような
「Sense」を磨き、選ばれるキュレーターになりましょう!


★TJ=Twitter DJ
MTVライブイベントで成功事例あり

これは、ジャズ天グランプリでも、挑戦しました。
会場の一体感をソーシャルで感じる、
WEB3.0時代の到来を感じますね!ワクワク!

 
★Social Viewing(ソーシャル試聴)
⇒他人のつぶやきを読んで、見たい番組を探す

これからは、個人が自分のTV局となり、
いつでもだれでも、自分の想いを放送できる時代。
個人のソーシャルテレビ局だけにフォーカスした
「テレビガイド」のようなサイト、作りたいなぁ〜!
ワクワク!

 

★Meet Up(オフ会)
共通の趣味や地域に関してインターネット上で
自発的に イベントを管理、告知することで集う会。
※ミートアップ社CEOの言葉 2011年5月

「21世紀における、ブランドの証は、
そのブランドに関わる、そのブランドを応援するための
ミートアップがあるということ。」

時代の流れで呼び方や捉え方が、
変わって行くのですね!

(例)

オフラインミーティング 
      ※1998頃、ドリカムファンの間で使ってました(笑)

オフミ ※同上

オフ会 ※2000年にはいったくらいからでしょうか

ミートアップ

 

★コミュニティマネージャー
オンラインコミュニティを効果的に企画・管理していく人材。
⇒つまり、Facebookイベントの主催者や、コミュの管理人も。

Facebookページでは、ページオーナーという言い方をしますが、
今後は、コミュニティマネージャーという言い方に
統一されるか?!どうでしょう。
日本人的に言い換えると、「コミマネ」とかかな?



★毎年1月の、第4月曜は、優秀なコミュニティマネージャーを
選び表彰する日。

社会的に良い活動をしているコミュニティの
リーダーを讃える機会だなんて、すばらしいことですね!

日本でも、「ソーシャルグッド」な企業やコミュニティが増えることを
期待します!

そして、是非やりましょう!!!

「 Power HUB Community Award 2015」など
わたしのビジョンには入っています!
このイベントは主催 or 司会(TJ)したいな!

 

 

 

セミナー集客メールレッスン
メールアドレス
お名前(姓)