無料メール講座

人がイベントに行きたくなる理由

人がイベントに行きたくなる理由

2012年10月21日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on LinkedIn
LINEで送る



年末年始にかけての出会いのチャンスを最大限に活かしたい起業家のために、
「リアルイベント」×「WEB」の掛け合わせた具体策をシェアする

WEB戦略プランナーの二見あかねです。

昨日は、Active-iWeb戦略の生みの親、
長瀬葉弓さんとのコラボレーションセミナー、

“108個のイベントアイディアが生まれる保証付き、
共感力で集めるから集まる“新”イベントマーケティング!
「ソーシャルイベント企画創造★ワークショップ」”

でした。

ご参加者は、大学生、Webの同業者さん、
女性コミュニティのリーダーさんや、
元アナウンサーの方など幅広く、男女半々。

熱いアイデア放出バトルで、盛り上がりましたよ!!!

楽しかったです。 他の人のイベントアイデアを考えるのは、 どんどん涌き出します。 ひとりで考えていると、なかなか出てきませんね。 (話し方コンサルタント K.Aさん)


まったく別の角度からの意見が出てくるのが 仲間から得られる情報と違って新鮮。 (楽読(速読)インストラクター 長谷川高大さん)
  ↓ ↓ ↓

そうなんです。
自分のイベントのアイデアは出てこなくても、
他人のイベントのアイデアはどんどん書けたり
するんですよね。

自分では「死角」となっている視点に
気づくことができたら、
次の企画をするときには、
“発想の引き出し”が増えているはずです。

集まる理由を明確にできるようになった。 (PRコンサルタント Y.Kさん)


集める(自己満足)から、集まる(他己満足)へという 考え方が大変納得できました。 これから、ひとつひとつのイベントを打つにあたって より体系的にstep by stepで戦略を考えて行けると思います。 (明治大学 関峻介さん)


  ↓ ↓ ↓

「イベントに人が集まる理由」

にもフォーカスし
ディスカッションをしました。

なぜ、イベントに人が集まらないのか。

それは、人が
「行きたくなる理由」が少ないからです。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

例えば、

★憧れの〇〇さんと、お話できる。
★目利きの〇〇さんが紹介していた。

★今話題の〇〇さんのミニセミナーが聴ける。
★製作期間○年の【限定】〇〇が買える。
★一度に、たくさんの〇〇体験ができるなんてお得!
★日本で一番古い〇〇がある老舗のお店。

こんな風に、

「わたしだったらこんなイベント行ってみたぁい♪」

と迷わず思えることを、
【想像】し、【創造】してみてくださいね!


長瀬さんからの、WEB戦略のお話コーナーでは、
最新のソーシャル事情はもちろん、

2013年にWEBで”勝てる”キーワードが
「グループ戦略」であることなど、

考動(考えて動けるコウドウ)につながる具体策

をご提案いただきました。


(※これについて、詳しくはまたシェアしますね!)


次回のワークショップは、24日(水)。
残席わずか!


「参加者と盛り上がるイベントコンテンツのアイデアが欲しい」

「ツラい集客からの脱却をしたい」


こんな方は、お急ぎください(*^^*)

http://social-hub-event.com/?p=562

10月24日(水)13:30-16:30 青山

 

HUB a grate day and Smile *。・*

セミナー集客メールレッスン
メールアドレス
お名前(姓)